カテゴリ別ナビ

 在庫削減

モノを扱う企業であれば、どこも頭を悩ませているのが在庫の問題です。

数か月先の計画もぶれるようになった昨今では、資金繰りと併せて

いかに効果的に在庫を持つか、という点が重要な課題となっています。

削減の取り組みについて考える前に、ムダになっていない「有益な在庫」

について、整理をしましょう。

◎有益な在庫

1.顧客納期に応えるために持つ
(どのポイントで在庫を持つかの工夫は必要ですが、短納期体制を強化する

在庫は有益です)

2.生産・調達の変動に対するバッファとしてもつ

(工程で発生した人的作業の変動やトラブルから、生産システム全体を

守る在庫は有益です)

3.負荷平準化のために持つ

(期間まとめや山崩しで作業負荷を平準化した効果が、在庫を持つリスク

よりも高ければ、有益です)

在庫削減を考える際は、まず自社にとって有益な在庫とそうでないものを層別

することから始める必要があります。

◎在庫削減のアプローチ

在庫削減の代表的なアプローチ(進め方)は4つのステップに分かれます。

1.在庫分析(在庫の層別によるムダの見える化)

2.在庫方針の決定(責任の明確化、在庫グループ別の在庫管理・調達方針)

3.削減のための施策の決定(削減目的と目標の明確化、実施詳細策の決定)

4.業務プロセス設計と定着化(継続的に改善する仕組みの構築、社員教育)

4.をおろそかにしたために、その後の業務や製品の変更に対応できず、1年後には

また在庫が膨らんでしまった、というケースをよく耳にします。

コンサルタントが去った後も、自分たちで改善を続けられる仕組み作りが

激しい環境変化に直面している中小製造業にとって、非常に重要になっています。

在庫削減コンサルティングに興味のある方は、こちらのリンク先をご参照ください。

<コンサルティングサービス>

http://goyo-c.com/consulting.php

<コンサルティング手法>

http://goyo-c.com/approach.php

立地調査 これから出店をお考えの方へ

キャリア35 35歳からの女性の起業を応援する

お問い合わせはこちら